この おはなし を よみました ♪

Go to the Japanese sentence with 漢字          『海におちたピアノ』

 うみ に おちた ぴあの 

せかい の むかしばなし   (よはん・あうぐすと・すとりんどべり/げんさく)


うみ に おちた ぴあの 

 

むかし むかし の、 しずか な なつ の ゆうがた の こと でした。

うみ の そこ では、 さかなたち が ゆっくり と およぎ まわって いました。

そこへ、 いきなり おおきな おと が した か と おもう と、 まっくろ な もの が うみ に おちて きた のです。

ぽろろん、 ばーん!

くろくて おおきな もの は ふしぎ な おと を ひびかせ ながら、 うみ の そこ で とまりました。

おちて きた のは、 ふね で はこばれて きた ふるい ぴあの でした。

ひっこし の にもつ を りく に あげる ひと が、 うっかり て を すべらせて しまった のです。

「いったい、 なんだろう?」  さかなたち は よって きて、 ぴあの を みました。

「もしかすると、 たべもの かも しれない よ」  さかな の あじ が、 いいました。

「いいえ、 これ は かがみ です よ。 だって、 わたし の すがた が うつって いる じゃ ありません か」

と、 すずき が いいました。

「ぼく は、 はたおりだい だ と おもう よ。 だって、 こんな に たくさん の いと が ついて いるんだ もの」

とびうお は、 ぴあのせん を みつけて いいました。

それから おおきな さば が ぺだる の うえ に のる と、 ぴあの が 『ぐわーーん』 と なった ので、 

さかなたち は おどろいて にげて いって しまいました。

その よる、 うみ は あれて いました。

なみ が ぴあの を ゆさぶる と、 ♪ぽろん、ぽろろん と、 おんがく が ひびきます。

ぴあの は ひとりぼっち で、 うたって いた のです。

あさ が くる と とびうお の むれ が きて、 こわれ かけた ぴあの の はこ で あそび ました。

すると ぴあの から、 やさしい おと が きこえました。

♪ぽろん、 ぽろろん  

うみ の そこ で なって いる ぴあの の おと は、 りく の さんばし の ところ まで きこえて きました。

♪ぽろん、 ぽろろん

「ねえ、 なんだろう? うみ の なか で おと が して いる よ」

ぴあの の おと を きいた おとこ の こ が、 おんな の こ に いいました。

「あれ は きっと、 にんぎょ が うたって いる の よ」

おんなのこ は、 ゆめ みる ような こえ で こたえ ました。

わかい おとこ の ひと と おんな の ひと も、 ぴあの の おと を ききました。

♪ぽろん、ぽろろん

とても しあわせ な ふたり には、 かすか に きこえて くる おんがく が、 じぶん たち の こころ の なか で ひびいて いる ように おもわれました。

ぴあの は なつ の あいだじゅう、 そこ に おちて いました。

だけど、 だんだん こわれて、 けんばん も、 ぴあのせん も、 ぼろぼろ に なりました。

けれど、 なみ や さかなたち が さわる たび に、 ♪ぼろん、 ぼろろん と、 うたって いました。

さて、 つき が うつくしい よる の こと です。

ひとびと は、 ぼーと に のって あそんで いました。

♪ぼろん、 ぼろろん

うみ の そこ から ぴあの が ひびいて くる と、 みんな が わらいました。

こわれかけた ぴあの は、 おかしな おと しか だせなく なって いた のです。

でも たった ひとり だけ、 かなしそう に うみ の そこ を みつめて いる ひと が いました。

それは、 うみ に おちた ぴあの の もちぬし だった、 おんなのひと です。

もう ふるぼけた ぴあの でした が、 おんなのひと には、 たくさん の おもいで が ありました。

ひとりぼっち で さびしかった よる、 なぐさめて くれた ぴあの。

こい を して、 うれしくて、 たまらない ひ に ひいた ぴあの。

その ぴあの で おんなのひと は、 あかちゃん の ため の こもりうた を ひきました。

ちいさかった あかちゃん は、 もう りっぱ な しょうねん に なって、 おんなのひと を のせた ぼーと を、 ぐんぐん と こいで います。

「あの ぴあの は、 わたし の たいせつ な ともだち だった わ。 

わたし の こころ の すみ まで しって くれて、 なんじゅうねん も、 いっしょ に うたって くれた わ。

それが、 いま は もう、 さわる こと も みる こと も できない ところ に いって しまった。

わたし は にど と、 だいすき だった ともだち に あう こと は できない の だ わ」

おんなのひと は、 そっと ためいき を つきました。

なつ が おわって、 あき が きました。

あらし が うなり ながら、 うみ を とおりました。

はげしい なみ に うたれて、 ぴあの は、 ひっきりなし に うたいました。

でも、 おかしな おと しか だせなかった ぴあの は、 さいご の ちから を ふりしぼって、 うつくしい おと で うたいました。

♪ぽろん、 ぽろろん ♪ぽろん、 ぽろろん ♪ぽろん、 ぽろろん…

それは、 うみ に おちた ぴあの が、 たいせつ な ともだち だった おんなのひと に おくる、 おわかれ の うた だった のです。

ぴあの は うたい ながら、 うみ の そこ へ ながされて いきました。

そして それっきり、 ふしぎ な おんがく が きこえる こと は ありません でした。

 

 おしまい

 

If you want to read the Japanese sentence with 漢字, click the picture of story, please^^

 

Special thanks to [ 福娘童話集 ]
童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」Top page

 

 


ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ
Yume-Yomi Ohanashi Hinatabokko
 ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ

 

 

  ほか の おはなし を よむ
                 Contents

 http://yumeyomiena.web.fc2.com/mokuji_ja_blueback.html  もくじ のページ へ

 

 

 

 

*

inserted by FC2 system