この おはなし を よみました ♪

Go to the Japanese sentence with 漢字          『来年のことをいうと 鬼が笑う』

 らいねん の こと を いう と おに が わらう 

にほん の むかしばなし (しまねけん の みんわ)


  らいねん の こと を いう と おに が わらう
 

むかしから、 らいねん の こと を いう と おに が わらう と   いいます。

それには、 こんな わけ が あるのです。

むかし むかし、 とても つよい すもうとり が いました。

ところが とつぜん の やまい で、 ころり と しんで しまいました。

ひと は しぬ と、 えんまだいおう の ところ へ つれて いかれます。

いきて いる とき に いいこと を した もの は、 たのしい ごくらく へ おくられます。

いきて いる とき に わるい こと を した もの は、 おそろしい  じごく へ おくられます。

えんまさま は、 すもうとり に ききました。

「おまえ は いきて いる とき、 なに を して いた?」

「はい、 わたし は すもう を とって、 みんな を たのしませて きました」

「なるほど、 そいつ は おもしろそう だ。 よし、 おまえ を ごくらくに おくって やろう。

だが その まえ に、 わたし にも すもう を みせて くれ」

「でも、 ひとり で すもう を とる こと は できません」

「しんぱい する な。 ここ には つよい おに が たくさん おる。

その おに と すもう を とって くれ」

えんまさま は、 いちばん つよそう な おに を よんで きました。

あいて が おに でも、 すもう なら まける き が しません。

すもうとり は しっかり と しこ を ふんで から、 おに の まえ にて を おろしました。

おに も まけじ と しこ を ふんで、 て を おろしました。

「はっけ よい、 のこった」

えんまさま が いう と、 すもうとり と おに が よつ に くみました。

おに は かいりき で すもうとり を おします が、 でも、 すもうとりは こし に ちから を いれて、

「えい!」 と、 いう こえ と とも に、 おに を なげとばし ました。

なげとばされた おに は いわ に あたま を うちつけて、 たいせつ な つの を おって しまいました。

「ああっ、 たいせつ な つの が」

つの が おれた おに は、 わんわん と なきだし ました。

「こらっ、 おに が なく なんて みっともない!」

えんまさま が いいました が、 でも おに は なく ばかり です。

こまった えんまさま は、 おに を なぐさめる よう に いいました。

「わかった わかった。 もう なくな。 らいねん に なったら、 あたらしい つの が はえる ように して やる」

そのとたん おに は なきやんで、 にっこり と わらいました。

そんな こと が あって から、

『らいねん の こと を いう と おに が わらう』

と、 いう ように なった そう です。

 

おしまい

 


If you want to read the Japanese sentence with 漢字, click the the picture of story, please^^

If you want to read 漢字 + ふりがな, click!

 

 

Special thanks to [福娘童話集 ]
童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」Top page

 
 


ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ
Yume-Yomi Ohanashi Hinatabokko

 ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ

 

  ほかの おはなし を よむ
                 Contents

 http://yumeyomiena.web.fc2.com/mokuji_ja.html     

     ↑  もくじ のページ へ

 

 

 

 

 

*

inserted by FC2 system