この おはなし を よみました ♪

Go to the Japanese sentence with 漢字          『くわずにょうぼう』

『 くわず にょうぼう 』 

にほん の むかしばなし ( たんご の せっく の おはなし) 


くわず にょうぼう

 

 むかし むかし、 ある ところに、 とても けち な おとこ が すんでいて、 いつも こう いって いました。

「ああ、 しごと を うんと する が、 ごはん を たべない よめさんが ほしいなあ」

そんな ひと が いる はず ない の ですが、 ある とき、 ひとり の おんな が おとこの いえ を たずねて きて、

 「わたし は ごはん を たべず に、 しごと ばかり する おんな です。 どうか、 よめ に して ください な」

と、 いう では ありませんか。

それ を きいた おとこは おおよろこび で、 おんな を よめに   しました。

 おとこ の よめ に なった おんな は、 とても よく はたらきます。

 そして、 ごはん を まったく たべよう と しません。

 「ごはん は たべないし、 よく しごと を するし、 ほんとうに いいよめ じゃ」

ところが あるひ、 おとこは いえの こめだわら が すくなく なって いる の に き が つきました。

 「おや? おかしいな。 よめは ごはんを たべない はず だし」

とりあえず、 おとこは よめに きいて みました が、

「いいえ。 わたしは しりませんよ」

と、 いう の です。

あんまり へん なので、 つぎ の あさ、 おとこは しごと に いく ふり を して、 いえ の てんじょう に かくれて みはって いました。

 すると よめは、 くら から こめ を いっぴょう かついで きて、  どこ から か もって きた おおきな かま で いちど に こめ を  たきあげ ました。

 そして しお を いっしょう (1.8L) ようい する と、 おにぎり を  つぎつぎ と つくって、 やま の ように つみあげた の です。

 おまつり じゃ あるまいし、 あんな に たくさんの おにぎり を   つくって、 どうする つもり だ?

おとこが ふしぎそう に みて いると、 よめ は あたま の かみのけ を ほぐしはじめ、 あたまの てっぺん の かみのけ を     かきわけ ました。

 すると あたまの てっぺん が ざっくり と われて、 おおきな くちが ひらいた の です。

 よめ は その くち へ、 おにぎり を ぽいぽい、ぽいぽい と なげこんで、 こめ いっぴょう ぶん の おにぎり を ぜんぶ たべて しまいました。

 こわく なった おとこは ぶるぶる と ふるえ ました が、 よめ に きづかれない ように てんじょう から おりると、 しごと から かえった ような かお を して いえ の と を たたきました。

 「おい。 いま、 かえったぞ」

すると よめ は、 いそいで かみのけ を たばねて あたまの くちを かくす と、

 「あら、 おかえりなさい」

と、 えがお で おとこを でむかえ ました。

おとこは しばらく むごん でした が、 やがて けっしん して いいました。

 「よめよ、 じつは きょう、 やま に いったら やまの かみさま から  おつげ が あってな、 

『おまえの よめは ええ よめ だが、 いえに おいておく と とんでもない こと になる。 はやく いえ から おいだせ』 と、 いうんじゃ。 だから すまない けど、 でていって くれんか?」

それを きいた よめは、 あっさりと いいました。

「はい。 でて いけ と いうのなら、 でて いきます。 でも おみやげに、 ふろおけ と なわ を もらいたい のです。」

「おお、 そんなもの で いいのなら、 すぐに ようい しよう」

おとこが いわれた もの を ようい すると、 よめさん が いいました。

 「この ふろおけ の そこ に あな が あいてないか、 みて もらえませんか?」

「よしよし、 みてやろう」

おとこが ふろおけ の なかに はいると、 よめ は ふろおけ に  なわ を かけて、 おとこを いれたまま かつぎあげ ました。

 びっくりした おとこが よめ の かお を みてみる と、 よめ は  なんと、 おにばば に かわって いたのです。

 おにばば は おとこを ふろおけ ごと かついだ まま、 うま より も はやく かけだして、 やま へ と はいって いきました。

 こ、 このまま じゃあ、 ころされる! じゃが、 どうしたら?

おとこは どうやって にげようか と かんがえて いると、 おにばばが き に よりかかって ひとやすみ したのです。

 いまじゃ!

おとこは その き の えだ に つかまって、 なんとか にげだす こと が できました。

 さて、 そう とは しらない おにばば は、 また すぐに かけだして おにたち が すむ むらへ とうちゃく しました。

 そして、 おおきな こえ で なかま を あつめます。

 「みんな こい! うまそうな にんげんを もって きたぞ」

なかま の おに が おおぜい あつまって きましたが、 ふろおけ の なかを のぞいて みると、 なかは からっぽです。

 「さては、 とちゅう で にげよったな!」

おこった おにばば は やまみち を ひきかえし、 すぐに おとこを みつけました。

 「こら まてー!」

「いやじゃ! たすけてくれー!」

おにばば の て が おとこの くびに かかる すんぜん、 おとこは くさむら へ とびこみ ました。

 すると おにばば は、 おとこの とびこんだ くさむら が こわい   らしくて、 くさむら の なかに はいって こよう とは しません でした。

 おとこは ぶるぶる ふるえながら、 いっしょうけんめい に ねんぶつを となえます。

 おにばば は くさむら の まわり を うろうろ していました が、  やがて あきらめて かえって いきました。

「た、 たすかった。 ・・・しかし、 なんで たすかった のじゃろう?」

じつは おとこの とびこんだ くさむら には、 しょうぶ の はっぱ が いっぱい はえて いたのです。

おにばば は しょうぶ の はっぱ が かたな に みえて、 はいって これなかった のです。

その ひ が ちょうど ごがつ いつか だった ので、 いま でも ごがつ いつか の せっく には、 まよけ として やね へ しょうぶ を さす ところ が あるのです。

 

 おしまい

 

If you want to read the Japanese sentence with 漢字, click the the picture of story, please^^

 

Special thanks to [ 福娘童話集 ]
童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」 Top page

 


ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ
Yume-Yomi Ohanashi Hinatabokko
 ゆめよみ おはなし ひなたぼっこ

  ほか の おはなし を よむ
                 Contents

 http://yumeyomiena.web.fc2.com/mokuji_ja_blueback.html  もくじ のページ へ

 

 

 

 

 

 

*

 

 

inserted by FC2 system